ハイマウントアッパーアームダブルウィッシュボーン!

ハイマウントアッパーアームダブルウィッシュボーンについて調べてみた。
以下文献による。
前輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションのアッパーアームを、タイヤ外径より高い位置に配置しているタイプ。キングピン軸延長線の接地点に対するホイールオフセットを極力詰めることによって、路面の継ぎ目などで生じるハーシュネスを軽減することが目的。サスペンションの前後コンプライアンスを確保しつつ、操舵感への影響が大きい入力トルクとキャスター角変化を抑制することも出来る。最近広く採用されているようである。

※ ハーシュネス・・・・・・路面の状況によって車体が揺すられる振動で
 これらは、運転者や乗員 が 不快に感じる
要因となる。

※ コンプライアンス・・・・・外力が加えられたときの物質の弾力性や
 たわみ強度。


要するに、乗っている人が快適に感じるように考えた構造のようです。皆さんも自分の車の足回りの構造を見て考えてみてください。新しい発見があるかも?
テキストが入ります
テキストが入ります
テキストが入ります